【算命学ブログ鑑定(一般の方)】玉堂星が主星のお子さんの育て方

今日は愛知県からokkaさん、8歳になったばかりのお嬢さんGちゃんの事で相談です。

3人兄弟の真ん中の女の子です。

幼稚園時代のエピソードですが、夏頃に登園拒否が続き結局は辞めてしまいました。
なんでも、『バスに酔う』『先生が幼稚(笑)』が理由です。

結局、近くの保育園の自由な雰囲気に入園を即決。
こんな調子で親は振り回されっぱなしなんです。
何か星から分かることを教えてください。

はい、了解しました。
さぁ、星にあった育て方はいかがなものでしょうか?

今回は子どもの育て方についての鑑定依頼です。
不思議なことですが、有料・無料にかかわらず同じような鑑定依頼がどういうわけか重なります。

今この一瞬からでも息子をお腹の中に戻して子育てをやり直したいと、思っている私は何も言うことはないのですが・・・。
まずは鑑定版を出してみましょう。

ちなみにGちゃんとは『頑固』のGだそう。
主星が頑固星の貫索星の私には耳が痛いです。
実は私も若い頃、『がんぼったれ』(こちらでは頑固者という意味です)と、友達や家族にに言われていましたっけ。

さて、Gちゃんの主星は知恵の星・玉堂星です。
お話を聞いた限りでは、龍高星っぽいですが・・・。

そして玉堂星が西にももう一個あります。
この西にある玉堂星は知恵の星でも、生活の知恵、機転がきくといったたぐいのものです。

大掃除や引越しの手伝いをさせたら上手といった知恵です。
おじいちゃんやおばあちゃんの『賢い娘だよ。』と言われるのは、ここらへんかしらね。

ただ小・中学校の成績は普通くらい。
西の玉堂星の知恵は大学や大学院で発揮されます。
期待しましょう!!

そのためには学校は伝統のある学校に入れたらよろしいでしょう。
『ここは古くからの伝統でね。』というと玉堂星の本質を満足させます。
進学の際のヒントにされてください。

お稽古事をいろいろされてみるのは、天報星が2個もあるからかしら。
この星は胎児の星。

胎児はお母さんのお腹にいますよね。
お母さんが動くと一緒にごろごろ、お母さんが休むとお腹の赤ちゃんもお休み。

このことから天報星には変転・変化の性質をもっていると観ます。
ころころ気が変わるのです。

そしてそれは短時間にいろんなことが出来ることを指します。
今はGちゃんがしたいといったことをさせてあげてください。

胎児はすぐにお腹から出て赤ちゃんとして誕生してきます。
そう、まとまるのです。

天報星はあれやこれややってもどこかで全部一気にまとまってしまいます。
全然関係無いじゃんと思うことでも、どっかでまとまりますよ。

ここは焦らずに3人もお子さんがいらっしゃるんですから、
『これも個性か。』と楽しんでくださいな。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメント一覧 (1件)

  • 先生ありがとうございます。日曜の午後ですが、G子ときたら宿題に手をつける気配はなく、思いつくままに何やらごそごそやったり造ったり。
    あっ、でも今日もトイレ掃除をしてくれました。
    汚水を飛ばされては厄介だから…と教えるつもりはなかったのに、昨日、強引に習得したのです。
    ただ、今後”頼んだ時に”掃除してくれるかは…疑わしいです。

    鑑定版、太ペンで囲ってありますね…。
    六巡まで延びてますね…見覚えがあります。
    娘の人生ですが、母親としてどのような心構えでサポートしたらよいか、教えて頂けますようよろしくお願い致します。

コメントする

目次
トップへ
目次
閉じる