【算命学ブログ鑑定(一般の方)】退職して司法試験を受けるため学生になりましたがこれで良かったのか不安になります

今日は大阪からメミさんです。

去年勤めていた会社を退職して司法試験受験のために学生に戻りました。
一生働けるやりがいのある仕事がしたいからです。
ただ、自分の年齢や学生になった事への罪悪感もあり、このまま勉強を続ける事が自分にとってよいことかどうか悶々としております。
算命学的にわかる事があれば教えてください。

はい、了解です。
さぁ、星はなんて囁いてくれるのでしょうか?

さて、メミさんの鑑定版です。

久しぶりにブログ鑑定にいらしてくれました、W天将星の持ち主です。
天将星は一個あってもパワー満点。

この世には怖いもんなし。
他人がなんて言おうと無視してイケイケドンドンと我が道を突っ走る星が2個も。

だからメミさんご自身がおっしゃる通り、『この年になって学生に』なれたんですよ。
今更何をおっしゃるうさぎさん、ですわ。
ちょっと勉強に疲れがでたんでしょうか・・・。

メミさんはこの天将星が中年期と晩年期にありますよね。
そう望まなくても一生働かないとエネルギーの消化ができません。
対価を得る働き方をするかはわかりませんが、ともかく忙しい晩年になると思いますよ。

宿命上の特徴としては、殺印相生格の一点破格といって宿命に名前がついている上格。
名誉名声に恵まれます。


司法試験を目指し司法の世界に生きる目的を、生涯働くということに加えて、他人の役に立つためと思うのもよろしいのではないでしょうか。
それも宿命にあった生き方になります。


 さて、メミさんの質問に、『・・・このまま勉強して見込みがあるのか・・』とありました。

残念ながら算命学ではW天将星でエネルギーが最身強、殺印相生格の一点破格で上格、ここまでしか言えません。
だから試験にも通りますよとも言えません。

それはどの占星術をとってみてもわからない事ではないしょうか。

簿記1級の試験で『先生、私絶対に受かります。』
そう言って受験会場に入っていった子がいました。

初受験で簿記の勉強をして1年も経ってませんでした。
勉強はされていたけど、何分絶対量が足りていませんでした。

私は、『今回は顔見世だよね。』そんな感じで送り出したんです。
案の定、不合格でした。

次の受験も『私、絶対に受かります。』そう言って入りました。
でもその時は日商史上最低の合格率、1.5%。

この地方は3人しか合格できませんでした。
(地方といっても、受験者は300人位いらしたんですよ)

うち2人は講師でしたから受験生では1人しか受からなかったんです。
それがその子です。

他の人は69点で滑り、あの子だけが70点で受かりました。
1級の試験を『絶対に通ります。』と言って入っていったのはあの子だけです。
みんな自信なさそうにうつむいていた。

この1点の差は『受かりたい。』この強い強い気持ちです。
その時に受講生には早稲田や慶応大の方もいらした。
でもその人達は70点に合格に手が届かなかった。

何の試験も合否を分けるポイントは、『受かりたい』この一点だと私は今でも思うのです。


メミさんの主星は玉堂星。
智恵の星の陰。
お隣にもありますね。

勉強する事はこの主星を活かすこと。
持っている星を活かすことで不満が出ない生活がおくれます。

そして殺印相生格の一点破格の絶対の守護神は兄弟姉妹。
今兄弟と暮らしていらっしゃいますね。

守護神と暮らす事はよいことです。
しっかり頼ってください。

多分、頭のいい勉強家のメミさんを誇らしく思っていらっしゃいますよ。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメント一覧 (2件)

  • 鑑定ありがとうございます!!
    お忙しい中、ご鑑定くださりありがとうございました。
    イケイケドンドンなんですねーー。今まで自分に全然自信がなくてクヨクヨすることが多かったんですが、何だかとても前向きになれました<そして、強い気持ちが大事ですね。 目標に向かって頑張ります~~。 ありがとうございました。

    • はじめまして。
      確かに、『受かりたい気持ち』はとても大切だと思います。私はそれを息子から学んでいます。

      ある検定に受かりたいがために睡眠時間も削り、取れるだけの時間を勉強にすべて費やす。
      人の数倍も努力をしています。先生や友達にも「絶対合格するから」と宣言して、ある意味自分を追い込んでいます。
      主星が車騎星ですのでそういう性質なんだろうなとは思いますが、一心不乱に頑張る前向きな姿が今まで、たくさんの扉を開いてきたのを私は親として目にしてきました。
      まさしく『意志あるところに道は開ける』だなと。

      また、最近『芸人学生、知事になる』という東国原知事の自伝を読み、人間、生涯学習だなと感じました。
      メミさんも一度読まれてみてはいかがでしょう?
      私たちの年代からでも勉強するのは遅くないと後押ししてくれます。
      勉強に対するモチベーションもあがると思います。

コメントする

目次
トップへ
目次
閉じる