【算命学ブログ鑑定(一般の方)】土局潤下格の宿命を持つご長男を案じるご相談者様

今日は猫山さんから坊ちゃんの相談です。

ブログ鑑定をいうよりか子育て鑑定かな。
子育ての事は何度頂いても胸がチクチクと痛む私です。

長男の事で相談です。

長男は土局潤下格の宿命です。

なんでも一生安住の地がない最下格の宿命らしいのですが、それでも生きやすい環境にしてあげたいのです。

長男は好きな事には人一倍集中しますが飽きっぽし、主人はいじめ対策で空手を習わせたいみたいです。(本人は嫌がっていますが)
過干渉がいいのか甘やかせたらいいのか、長男にあう育て方がまったくわかりません。

何か星からのヒントを頂けたらと思っています。

了解しました。
さて、星はなんて囁いてくれるのでしょうか?

はい、土局潤下格というのは難格の一つですね。

日干支が戊土で地支に申子辰の水局三合が揃うと成立します。
坊ちゃんの地支は半会ですから、土局潤下格ではなくそれに準じます。


物に例えると大きな山が水浸しになって崩れている様を想像してください。
崩れた山ですから崩れた山のまま人生を渡っていくといいと言われます。

『五体不満足』の著書を書かれた乙武洋匡さんも同じ格です。
乙武さんと同じ生年月日の男性が鑑定所にいらしたことがあります。

先生の鑑定所だったんですが、男性が帰られた後『一緒だね。』と言ったことを思い出しました。
男性でしたから普通に仕事運の相談でしたが。

さて、猫山さん、少しは安心されましたか?
それとももっと不安になりましたか?
苛めにあったらどうしよう、大きな事故になったらどうしよう、不登校になったら?
でも、お子さんの苛めや不登校で苦しんでいる方はたくさんいらっしゃいます。

坊ちゃんの主星は貫策星というがんこ星。
日干・戊土は大地です。

大地から出ているがんこ星ですから言い出したら地球がぶっ飛んでも我が思いを通します。
そのがんこちゃんをうまいこと活かしてあげるのがお母さんの役目でしょ。
ちなみに母親の天中殺で男児を出産しても禍はありませんから。

がんこちゃんを活かすのは思うようにならない『なにくそ』の環境がベストです。
幸い兄弟が多いみたいですね。
たくさんの兄弟の中で自分の思うようにならない環境がいいのです。

イケイケドンドンの天南星がありますから、スポーツはいいでしょう。
でも坊ちゃんがやりたいって言うものだけです。

私も車騎星がありますけど運動神経はゲロゲロのゼロですので、親から強制されたら苦痛以外のないものでもありません。
宿命と才能が一致していたらこんなに楽な生き方はないのですが。

転ばないようにあの手この手を差し出し前もって準備するのではなく、転んだら一緒に笑い、転んだことを話しあい、
『大したことないわ。失敗は何物にも代えがたい学びよ。』と力強く言える、そんなお母さんに猫山さんにはなってほしいのです。

過保護も過干渉も子供の成長を妨げる事だけは確かです。

生きやすい環境は自分が作るのです。
そのためのしなやかで強い心を練っていくのが家庭という道場です。
これから坊ちゃん達の一歩一歩の成長が見ることができますね。

成果ばかりに目を向けていると、お母さんにしか見えないミクロの進歩を見逃してしまいます。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメント一覧 (1件)

  • 乙武さん!!
    こんにちは♪春ですねえ。

    ランキング上位だったので拝見したら
    なんと乙武さんの話題が入ってるからですか!!
    びっくり。
    乙武さんって大運の切り替わりだからああなったのかなあなんて私は勝手に想像してました。

    余談ですが、朝ドラの五代友厚(1836,2,12)を高尾HPで調べたら、古すぎて?星が出てきませんでした。古い人っていうのは見れないものなのでしょうか?

コメントする

目次
トップへ
目次
閉じる