【算命学ブログ鑑定(一般の方)】夫は強い姑の言いなりで、二人とも本当に変わっています

今日は夫原病に悩む妻、キャンディさんからの相談です。
夫原病!? あら、それなら私もだわ!
さて、いかがな相談でしょうか?

夫は強い姑の言いなりです。
姑も本当に変わっていて親子して人格障害ではないかと思う位です。
あの二人はもうわけがわかりません。

現在夫は単身赴任中ですが、帰ってくると思うと私は動悸がします。
いったい夫はどんな宿命を持っているのでしょうか?

はい、了解しました。
それは強烈ですね。
星はなんて囁いてくれるのでしょうか?

やはり変わってますか。

だって宿命中殺の中でも日座中殺をお持ちですから。
日座中殺は天中殺中の天中殺とも言われますね。


あら、お姑さんもお持ちですね、宿命中殺。
お姑さんは生月中殺という宿命中殺です。
そりゃ変わっていますわ、親子して。

というかキャンディさんがお持ちではないので『わけわからん!!』のんです。

お二人の間では違和感なく、これって常識でしょ?かもですよ。

宿命中殺はもう何度もブログに登場して下さっていますが、脳が右へ行こうとしても足が勝手に左に行ってしまう、どうも自分で自分の事がよ~わからん!!というややこしいものです。

『何であんな事したの?』
『何であんな事を言ったの?』


なんて聞かれないでね。
聞かれても無駄です。

だって自分で何でしたのか、言ったのか、さっぱりわからんのんですから。
あえて聞いても『どうしても(#^.^#)』の返事しか返ってきませんし、益々イラつきますからメンタルヘルス上悪いです。
止めましょう。

このややこしさと周囲との浮いてる感が宿命中殺の宿命と言えばそうですし。
ご主人様の場合は浮いてる感もないんでしょう。

ご主人様はマザコンちゃんというよりかお母さんに支配されているのでしょう。

ご主人様の大運の71歳からの干支・丁丑はお母さんの日干支でもあります。
これは宿命上の深い縁です。

お母さんの日干・丁火の方は灯。
寒い冬に焚火に当たるとホッとしていいのですが何分にも火は怖いです。
何かに引火すると爆発するし鎮火は大変だしお取扱い注意です。

宿命中殺を持っている者同士、そして宿命上の深い縁がありますからお姑様が存命の限りこの関係は続きます。

あらあら、加えてお二人は天中殺が同じ同一中殺。
同一中殺は空気感が同じですからとても相性がよいのです。
これでは言いなりですわね。
困りました。

ご主人様は巳月生まれの乙木の男性です。
物に例えると夏の草花。

主星は調舒星という伝達の星の陰です。
この星は別名、夢喰う獏星ともいい自分だけのロマンの世界が天翔ります。
まぁ、こちらも変わった星なんですけどね(#^.^#)

感情の起伏も激しいカチンカチン星もお持ちですよ。
他人の言動にどうにもカチンカチンときてしまうのです。

ご主人様の場合はそれでも友達がいたらカチンカチンが収まるのですが、どうも無理っぽいですね。

またエネルギーの強い星・天将星をお持ちです。
天将星は読んで字のごとく王様星。
こうと思った我が思いをイケイケドンドンとぶっちぎります。
仕事もパワフルにこなされますよ。

この星のエネルギーを上手に使えばよいのですが、何分にもご主人様は俺様になっていますね(#^.^#)
申酉天中殺ですから本人は思慮深く物事を進めていると思われています。

乙木の並びに甲木があるでしょう。
乙木が草花なら甲木は大木、大きな木です。
乙木と甲木が並んである方は大きな木に巻き付いて生きいかれると観ます。
それが成人した今は上司なんでしょうね。
上の方の命令は上手に察知してパワー満点にどんどん動かれ出世して、俺様はますます磨きがかかります。

まぁ確かに変わってはいます。
でも穏やかな社交の星も周囲と和していく星もあるのです。
それが稼働しなかった。

きっと育った複雑な環境がそれらを封じ込めたのでしょう。
ご主人様の場合はそれに加えてとてつもなく強くお母さんがいました。
ご主人様は母原病なのかもしれません。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメント一覧 (1件)

  • 春双先生、早速ありがとうございます。
    納得しかありません。
    本当にその通りだと思います。
    一生、姑に支配されるために生まれてきた感じですね。
    さすがに夫が71歳の時、姑はかなり高齢だから存命か分かりませんが支配構図はずっと続きそうですね。
    ありがとうございました。

コメントする

目次
トップへ
目次
閉じる