【算命学】主星が石門星のお子さんの育て方

主星が石門星の子どもの育て方です。

この星がある人は組織の中で和合していくのがとても上手です。
子どものころから、人の出入りの多い環境がこの子どもには向きます。


できたらサラリーマンよりも、商売をしている家が良いでしょう。
従業員やその家族、お得意さん等、いつもだれかが家に居るんです。

小さいうちからお客さんに、お茶を出したり、お使いに行かされたり、そういう環境がこの星の良さを生かします。

勉強よりも家の商売を手伝わせるほうがよろしいです。

普通の会社員ならこの子の子育てに、いろんな人の手を借りましょう。
おじいちゃんにおばぁちゃんに近所のおばちゃん、当然、親も社交的にならないといけません。

「私は人見知りが激しくて・・・」


なんていい年して言ってる場合じゃありません。
子どもの良い芽ををつぶしてしまいます。

社交性を作り出して伸びてゆくのが、石門星です。


昨日の石門星を持った子どもですが、勉強もよくしますよ。

ただ、静かな部屋でいい先生をつけて、(いわゆる勉強するのにはもってこいの環境です)こうすると伸びないんです。
勉強もあわただしいくらいの環境がGOODです。

思い立ったところで勉強を始め、だれかれとなく掴まえてわからないところを聞いていく。
こんな感じで伸びていくのが石門星でしょうか。

親子といえども、持っている星が違ったら、ベストな環境も違ってきます。
よかれと思ってしていることが、真反対のときがあります。

主人公を子どもにすることです。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
トップへ
目次
閉じる