【算命学】侮光〜日干丁火の隣に丙火がある場合〜(白石隆浩/座間9人殺害事件・加害者)

こちらの記事は有料の記事になります。
(お試しで途中まで読むことができます)

この記事では、丁火の性質・侮光・火の多い宿命のレッスンをします。

記事の内容につきまして、疑問点がある場合はメールフォームよりお問い合わせ下さい。
購入者様に限り、サポートさせていただきます。

有料記事の導入キャンペーンの一環として、先着5名様のみ半額キャンペーン実施中です!
¥200→¥100
で販売中です。
この機会に是非お試しください!

今回のレッスンは丁火の特質を観てみます。
その丁火はものに例えると何でしたか?

小さな火でした。
灯ですね。

例題の彼は戌月生まれですから秋の灯。
秋月や冬月生まれの丁火の方は、冬の寒い日に焚火に当たるとホッとするように、他人をホッとさせるものをお持ちです。

ただ彼の場合はその丁火の横に何がありますか?
さんさんと輝く太陽の丙火があるでしょう。

太陽にすぐ下で焚火をしてもちっとも目立ちません。
第一、役に立たないでしょう。
その意味で兄弟に隠れて目立たないと観ます。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
トップへ
目次
閉じる