【算命学ブログ鑑定(一般の方)】◯◯の宿命を持つ人は絶対に不倫をしてはいけない

今日は不倫相手の煮え切らない態度に悩むB子さんの相談です。
運は、一人ではできませんので相手も観たいのですが、それよりもB子さんご本人の持つ宿命からの意見を少々。

B子さんは、日干支・戊午です。
その横に壬があり、これはB子さんにとって恋人をさし、すぐそばにあることから職場での恋人と観ます。
不倫相手は職場の上司。(まぁよくあることですが・・・)

ただ、B子さんの場合、年干支に同じ戊午があり、左右両方から、恋人の壬を奪い合っているのです。

争財。
財を争うと書いて、争財。


他人の持っているものが欲しくて欲しくてたまらなくなる業な宿命です。
こういう人は、不倫をしてはいけません。

相手のことが本当に好きなのか、他人のものだから欲しいのかが、自分でもわからなくなるのです。

特に、B子さんの場合、忌神の戊土で財を奪い合います。
こういう関係になると、どうしようもなくこじれ汚くなってしまうのです。

調度、今はB子さんの天中殺の年。
きれいさっぱりこんな関係、おさらばしましょうよ。
自分でも「何とかしたい」と思ってこられたんですから・・・。
若い人ににあう恋をして欲しいと思います。


1978年10月23日生まれのB子さん、鑑定版の碁盤の真ん中に貫とあるでしょう。
これは、貫索星といって頑固星。

自分の真ん中にあるんだから、頑固も筋金入り。
ちょっとやそっとの事じゃ自分の考えを変えません。


B子さんの日干支は戊。
ものにたとえると大地です。

大地から出ている頑固ですから、それこそ地球がなくならない限り自分の考えが揺らがないんです。

おまけにエネルギーは最身強の天将星。
車だと大型トラック。
他人の何倍もの荷物を楽々と運べます。

それが2個もあるんだもん。わが道をドンドン行って他人の言うことに耳なんて貸しません。
もっと言えば「何で相談に来たの?」ってこっちが聞きたい位の人。

たぶん、B子さん、今が天中殺だからかしら。
天中殺期間中は漠然と不安になってしまうもの。
こんな不安定な恋をしているんだもの。なおさらね。

最身強の天将星も頑固星も使い方によっては、すばらしい星。
星のご主人はあなた自身、あなたしかいないんです。
だからね、上手に使ってあげてください。

ところでB子さんの守護神は子ども。
宿命では男の子が一人でています。
結婚して子どもを生んで幸せになって欲しいです。


B子さんのお相手B夫さんです。
1968年8月17日生まれの男性。

算命学では、こうやってお二人並べて、相性鑑定するんですが、今回はやめです。
どんな結果が出ても、B子さん切ないですよね。
相性鑑定はまた別なお二人でするとして、B子さんの鑑定版を見て下さい。

B子さんは5歳ごとに何とはなく運の風向きが変わる5歳運です。
その25歳からの大運に、不倫相手のB夫さんの日干支・己未がぽっこり入っているでしょう。
これは深い因縁とみます。

25歳からの10年間をB夫さんに支配されてしまいます。
これでは、どうにも自分からは別れられないでしょう。

おまけに、B夫さん、天恍星といって華やかで異性をひきつける星をお持ちです。
1個あっても充分魅力的なのに、それが2個もあるんですから、これはもう見事なプレイボーイとしかいいようがありません。

2~3人の異性と同時にお付き合いをして

「僕、全員と結婚したいんです。」

って真面目に言うタイプ。
いるでしょ、こういう人。

「恋はいつも初恋です。」

ってしゃぁしゃぁという人。

本人はふざけているんじゃないんです。
だから、余計に始末が悪い。

さらに、お二人は同一天中殺。
とっても気が合うんです。(困ったことに・・・)
(詳細は、こちらの記事をご覧くださいね)

うーん、B子さん、なんとも困りましたね。
彼、転勤でもしてくれたらいいのにね。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
トップへ
目次
閉じる