【算命学】お子さんが不登校で相談に来られたお客様

先日、お子さんが不登校になられたお母さんとお話ししました。
近所の方で私と同い年で親しくなりました。

ある日突然、お子さんが学校に行かれなくなったのです。
『まさか、うちの子が。』とパニックになって、何とか行かせようと頑張ってみるが

「やればやるほどうまくいかない」
「無理やりはダメって悟る」
「色んな本を読むと見守ると書いてある」
「でも学校に行かない」
「不安で不安で仕方がなく」
「ある日爆発してますます子供との距離ができる」

この悪循環の繰り返しだそうです。
これはもう原点に戻るしかなく、子供が誕生した時の事を思いだします。

「五体満足だったらいいと願った誕生時」
「笑ってくれたらもうそれだけでよかったハイハイした頃」
「幼稚園に行くとお友達をうまくいくかしらって心配になり」
「学生になると成績が心配になり」
「卒業すると就職が心配になる」


この学校から就職、ここが崩れると一気に不安になります。
で、子供の対する要求を下げていきます。

「進学校からランク落とします」
「それでも行かない」
「せめてフリースクールに」
「せめて通信で」


せめてせめて、お母さんとしては妥協の連続をしているつもりです。
でも、こんなふうに思っている間は子供は学校には行きません。

だってお母さんの枠の中にいるから。

『お母さんは私を管理している。』
『そのままの私は受け入れてはくれないんだわ。』


そんな思いの中、ますます親子の壁を作っていきます。

私は『こうあって欲しい。』ならまだしも、『こうあるべき。』そんな強い強い我が思いをぶっつけていました。
勿論、親子関係はめっちゃ悪かったです。

先日、鑑定をさせて頂いた方から、お嬢さんが学校に行くようになりましたとメールを頂きました。
新学期に入って学校を休みがちだったのです。

このお母さんの素晴らしいところは、
『娘が家にいたいならそれでいいんです。』
って言われていたところです。

『こうあるべき。』という強い思いがなくて、家の雰囲気の自由さが感じられました。
世の中逆説でできているというのは真なのです。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメント一覧 (1件)

  • はじめまして。
    算命学を勉強しています。
    検索していてブログを見つけました。
    命式出してとってもわかりやすくて、元気がでる鑑定ですね。
    これからも楽しみにしています。

コメントする

目次
トップへ
目次
閉じる