【算命学ブログ鑑定(一般の方)】接客の仕事をしていますが、心を込めた接客がどうも苦手です

今日は東京からさんたさんです。

現在接客の仕事をしていますが、感情をこめて商品をお勧めしたりするのが苦手です。
私は接客には向いていないのかな…。
私の適職っていったい何でしょうか?

適職占技ですね。
了解しました。
さて、星はなんて囁いてくれるでしょうか?

さんたさんのは寅月生まれの丁火の人。
物に例えると春の灯です。
他人をほっとさせるものをお持ちです。

が、感情の起伏が激しく、宿命に水と火の激突があります。
他人の言ったことやしたことに、どうにもカチンカチンときてしまうのです。

また、宿命中殺を持たれていますので、脳が右へ行くように命令しても足が勝手に左に行ってしまう、
『自分で自分のことがよ~わからんわい!』
というややこしいものもあります。

そのカチンカチン星を応援(?)するのが、天南星というエネルギーが大の星。
この星は若い王子様の星ですから、忠実な執事の思慮深い助言も聞く耳持たず、わが想いをイケイケドンドンとぶっちぎります。

これだけそろっているんですから、
『こんな商品のどこがいいの???』
なんて思っているものをお勧めなんてできません。
悩むのはやめましょう。


適職は南と東の星で観ます。
ここは未来を表す場所。
ここが稼働すると自然と運気が開けます。

主星の玉堂星は知恵の星の陰。
南の牽牛星はプライドの星。

勉強して資格を取って仕事をするとよいでしょう。
『では、何の資格ですか?』と質問が出るのですが、これはさんたさんがご自身がやってみんことには・・・。

東の龍高星は放浪の星。
動いて動いて体験的な知識が根幹をつくります。
それに現在は大運でも龍高星が廻っていますから。

身軽な今、しっかり興味のアンテナの向く先に行動を起こしましょう。
実際に見たもの体験したものから、新しい知識を生み出していくエネルギーがあるのです。

まずは今の仕事を面白くなるような努力をする。
したくないなら職を変える、そのためにはまた努力する。
適職を見つけることは若い時代の宿題だと私は思っています。

しっかりと宿題をこなすと素敵な40歳代、50歳代が待っていますよ。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
トップへ
目次
閉じる