【算命学ブログ鑑定(一般の方)】出版系の会社でずっと働いてきましたが、数年前から働きづらさを感じる様になりました

今日はtomekoさんです。

出版系の会社で働いています。
ずっとこの職種で頑張ってきました。
5~6年前からどうも働きづらいのです。
以前は仲間にも囲まれて楽しく和気あいあいと仕事をしていたのに。
働きづらさとともに、金銭面でも不安が出てきました。
私の仕事運はどうなんでしょうか?

tomecoさん、丁度その頃から大運天中殺に突入しています。
考えすぎはNGです。
さぁ、星はなんて囁いてくれるのでしょうか?

tomecoさんは殺印相生格という完全格です。
一点破格は結構いらっしゃいますが、完全格は私も久しぶりに観させてもらいます。

殺印相生格は宿命に名前がついている上格で、運の勢いが強く名誉名声に恵まれます。
まぁ普通は『名誉、名声より金運がいい方がいいわ。』って感じですが。

要は乗っている船がいいのです。
少々の嵐ではビクともしないわって鷹揚に構えておかれることです。
完全格のtomecoさんと結婚されたご主人の運も上がるはずですよ。
 
さてtomecoさん、今の仕事に向く星はちゃんとあります。
ずっとこの業界ですね。

天南星という若い王子様の星があります。
これは若い星ですら、向こう見ず。

こうと思った我が思いをイケイケドンドンとぶっちぎります。
天南星のもつ思い切りの良さが業界と合うのでしょう。

ただtomecoさんには鳳閣星という伝達の星がないから、『こんなはずでは…。』と立ち止まることも多々あるのではないかしら。

星から観た適職は、勉強して資格を取ることです。
単に勉強だけではなく、具体的に資格として取得されることです。

主星が貫策星という独立の星ですから、チームを組むのではなく独りでされる仕事がよろしいです。
起業とか(勿論やられても大丈夫)大げさに考えるのではなく、講師職やドライバー、営業職のように基本的に独りでされる仕事です。

ご主人は来年から2年続いての天中殺ですね。
tomecoさんは28年の申年からです。

天中殺での就職は人間関係でつまずきやすいので、ご主人は是非とも来年2月3日の巳年までには仕事を決めてほしいものです。
お互いにプライドの高いものをお持ちですから、ご自身のプライドを満足させてあげつつ調整をしてください。

気になるのはtomecoさんは28歳から大運天中殺に入っていることです。
別に悪い事ばかりおこるのではありません。
良い事も悪い事も嵐の中の木の葉のように運が乱高下します。

持ち前の上格とエネルギーの強さで、
『上等じゃないの、大運天中殺って何があるか見せてもらうじゃないの?』
こんなふうに出来わく色んなことを楽しんでもらいたいのです。

適職なんて思い込みと飛び込み。
これは面白そうって感じたら思い切って飛び込んで努力してみる。

どうしてもNGだったら職を変える。
そしてまた頑張ってみる。
この繰り返しです。

その根底にはいつも感謝の気持ちを忘れないでくださいね。
何度かのメールのやり取りで、何か今の職場と仕事に投げやりなものを感じました。

客観的にはtomecoさんの言われる通りかもしれません。
でも雑な気持ちで用事をするから雑用になってしまうのです。

まずは今の職場で周りの人や物と丁寧に接して、ぎりぎりまで頑張ってほしいと思うのです。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
トップへ
目次
閉じる