【算命学ブログ鑑定(一般の方)】西に牽牛星がある方は、自分のプライドを満足させてくれる相手を好みます

今日は千葉県からあっこさんです。

ずっと彼氏がいなくて寂しく思っています。
同年代の女性の恋愛話が羨ましいのです。
私はふつうに恋愛が出来るのでしょうか?
星からわかる事を教えてください。

はい、了解です。
さぁ、星は何て囁いてくれるのでしょうか?

あっこさんは丑月生まれの辛金の女性。
物に例えると冬の宝石。

繊細な神経と高いプライドが特徴です。
また宝石ですから光って何ぼ、自己顕示欲の強さもあります。

その辛金の結婚相手が丙火、恋人が丁火。
ほら丁火も丙火も鑑定版の中にいるでしょう。
ちゃんと恋愛も結婚もできますよ。


時間の経過とともに運の流れは変化します。
その運の流れを算命学では10年ごとに区切り、大運といいます。

あっこさの大運は3年ごとに運の流れが変化する3歳運。
丁度、大運が切り替わりましたね。

その23歳からの大運に夫星の丙火が廻っています。
結婚期に突入しています。

さぁ、『私は今独りで恋をしたいと思っています。』
こんなふうに周囲の方に明るく宣言しましょう。
紹介があればどんどん会ってみましょう。

私が少し気になるのは、あっこさんの夫の場所にプライドの星が座っていらっしゃることです。

これは男性がプライドが高いのではなく、あっこさんが自分のプライドのなる男性を好むのです。
仕事ができてかっこよくて自慢できる恋人です。


素敵な男性がいても、
『あら、この人は条件から外れているわ。』
そんなふうに自分の心に自分でブレーキをかけないように。

まず自分が今されてる仕事を好きになりましょう。
『仕事はそんなに好きじゃありません。』
じゃ、好きな仕事を見つけましょう。

まだまだ若いのです。
1日の大半を費やしている仕事ですからね。

今していることが楽しくていつもニコニコしていたら、男性なんて『もしもし、何をしているのですか?』って、向こうから近寄ってきますよ。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
トップへ
目次
閉じる